当ブログは引越しました。

ブックマーク・リンクの変更をお願いします。

引越し先のURL


2011年04月18日

ARTISAN KAI.g3 飛燕 VE買った

SteelSeriesのQcKが汚れか何かのせいで

あまり滑らなくなり、マウスが重たく感じたので

マウスパッドのお買い物をしてきました。

メンテナンスをちゃんとしていないせいですね(´・ω・`)

一応候補は2つ。

同じQcKにするかARTISAN KAI.g3 飛燕にするか。

で、店内に入るとあるものが目に入ってきたんです。

ARTISAN KAI.g3 飛燕のKeNNyさんのシールが・・・。

KeNNyのお言葉.JPG

マウスパッドは使っていましたが、

新しいのに迷っていたので買って試させてもらったお( ^ω^)



なにこれすっごい滑るよ!



えぇ、まさしく秋山vs桜庭状態。(詳細はコチラ

Value Editionと通常じゃ少し違うみたいですが

まぁ使えれば何でもいいです。

マウスやマウスパッドを新調するとゲーム内センシを調整しなければいけないのが面倒臭いですよね。。。

今までの感度じゃちょっと初動が速すぎて合わないので少し感度を落としました。



じゃー、軽くレビューっぽく。

マウス:MX518
ソール:無し(デフォ)
マウスパッド:ARTISAN KAI.g3 飛燕 Value Edition Mサイズ

個人的にこのマウスパッドの特徴は「よく滑る」という所ではなく

「快適な滑り出し」にあると思います。

初動のつっかえっていうのかな、そういったものが一切無く

スムーズにマウスを動かす事が出来るのがポイントですね。

「よく滑り、よく止まる」という言葉が売り文句らしいですけど

初動の滑りに対してはまだ止まっていると思いますが

よく止まるのはQcKの方が止まるような気がします。

まぁこれはソールがデフォで使用しているので変えると止まるのかもしれませんが。

厚みが4mmとQckよりもありますが、クッション性が出た分気持ちよく感じました。

ただ自分の机は比較的狭いので今まではマウスパッドの上にキーボードを少し載せていました。

厚さ2mmのQcKでは違和感は無いですが、今回は4mmですので載せると傾いているのが気になります。

机が狭い人はSサイズでもいいかもしれません。

色はワインレッドを購入。

紺よりはハデなマウスパッドが欲しかったので満足です。

値段も1680円とかなり良心的な価格だと思います。

まぁ〜勢いで買っても損はしないマウスパッドだと。

シールのKeNNyさんが言ってた事は間違ってないなーと思いました。

posted by ハナハナ at 02:52| Comment(3) | PC・デバイス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ROCCAT Apuriゲットしたので検証

こいつをどんだけ待ったことか・・・(´;ω;`)ウゥ・・・

ぶっちゃけ、ROCCATの中で一番期待していた商品です。

マウスバンジーとUSBハブがセットになっているので結構実用性も高いと思ってます。

roccat_apuri.jpg

さてこれで後はマウスのROCCAT KONE[+]を待つだけです( ^ω^)

それまではMX-518でモウマンタイ。



発表からかなり遅れて取り扱いを始めた商品ですが

多分、海外とコンセントの形が違うのでそこで時間がかかってたと予想。

案の定電源にはOEM 株式会社サードウェーブと書いていました。

見かけはサソリのような形で所々青く光ってます。

USBのポートは4つ、カッコいいUSB延長ハブとしても活躍できます。

さて、ここから少し謎なのですが

普通売られているUSBハブってUSBから電源供給していますよね?

ですので別途電源が必要なApuriはただ光る為だけに電源が必要なのでしょうか?



検証の結果、USBを挿すだけで光りましたし、USBハブとしても機能しています(○'ω'○)

何の為の電源なんでしょうか・・・/(^o^)\ナンテコッタイ

「青く光る+USB4つ使用」だと電力が足りなくなる可能性があるのであくまでの補助的な役割なのか?

自分はApuriに挿してもUSB1つなので電源は必要なさそうです。



次はマウスバンジーとしての検証。

使用マウスはMX-518G500DHARMAPOINT DRTCM02BKです。

使いやすかった順番はDRTCM02BK>MX-518>G500。

コードホルダーと違ってコードの硬さが影響しそうです。

コードが硬くなるにつれて、ひっぱられて浮いちゃう現象が多くなりました。

けど、まぁ使えない事はないですしカッコいいのでこれはこれでアリでしょう!(・∀・)イイ!!

ちなみに価格は3980円。

USBハブとしては高いし、セロテープでコードを机に固定すればコード問題も無くなりますし、

ハッキリ言って超贅沢品だと思いますが

まぁカッコいいのでインテリア感覚で買えば問題無いかと。

おまけとしてマウスバンジーとUSBハブが付いてると考える方が良さそうです。

posted by ハナハナ at 16:47| Comment(2) | PC・デバイス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

GTX460SLI

たまにはこういった事も書かないとね!( ^ω^)

GTX460(VRAM2GB)SLIのFF14ベンチを見る事が出来きました。

【検証環境】
CPU:Core i7 920(定格)
メモリ:9GB
グラボ:GTX460 2GB ×2
OS:Windows 7 Professional 64bit

結果はLowでスコア4930でした。

4gamerには同じ環境下での検証結果は載っていませんが

ま〜、SLIにしたからといって倍になるわけではないのでこんなもんかと思っていました。

けどCPUが足を引っ張ってるのでは無いかと考え再チャレンジ。

CPUを3.0までクロックを上げるとスコアが5300ぐらいになりました。

5300いけば現状は十分でしょ。

ってかVRAM合計4GBとかいらんし、メモリ9GBも使い切れてないし。

「自己満足やからええねん!」って言ってたから別にいいけど。
posted by ハナハナ at 23:38| Comment(0) | PC・デバイス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当ブログは引越しました。

ブックマーク・リンクの変更をお願いします。

引越し先のURL


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。